人間で"ぬい撮り"すると変人の写真が撮れる

 

昨今、ぬい撮り(ぬいぐるみを入れた風景やカフェなどの写真を撮影し、SNSにアップすること)が浸透しているように思う。

よくTwitterなどで見かけるし、とても可愛いくて微笑ましいものがたくさんあるので流行するのも納得できる。私もぜひやってみたいと思った。

また、こう言うぬい撮りを可愛くとるテクニックがyoutubeに上がっていたのを数個見たのだが、この技は人間にも応用できるのでは?人間も可愛く撮れるのではないか?と思った。

ぬい撮りテクニックを個人的に分析し、前述の仮説のもとで、友人に協力してもらい人間を使ったぬい撮りを行い検証した。

 

テクニックその1 ストーリーを感じるような写真の構図構成

f:id:kimuraryosukedayo:20170717235739j:plain

上の写真のようなイメージである。

オーストラリアからの友人、Juriくんが家に滞在していたので、泊めてあげた代わりにこの企画に協力してもらった。

Juriくんはエストニア出身で、日本がものすごく好きらしくもう何度も来ている。来日時のお花見で知り合って、逆に私がオーストラリアに行った時に観光案内してくれたりしたとても親切な人間である。また、日本人女性と結婚したいらしく、来日の度に彼は女性にお花を買ったり女の子に果敢にアプローチしている。ポジティブな性格である。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717152557j:plain

ぬいぐるみに近づくために猫耳をつけてもらい、紙タグを右の腰につけてもらってスカイツリーを眺めてもらった。ちなみに紙タグには(MADE IN ESTONIA)と書いてある。

右腕をピンと伸ばしているのは、その方がぬいぐるみぽいのではないかとの試行錯誤の上である。ぬいぐるみがスカイツリーを見上げているようなぬい撮り的な人間の写真が撮影できた。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717152529j:plain

 足もピンと伸ばした方がぬいぐるみぽいのではないかと二人で話し合った結果こうなった。土曜日で、近くにビアガーデンも行われており、人出があったのでやや恥ずかしい撮影だった。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717235905j:plain

ぬいぐるみだとピタリとはまって可愛い、マッチしたような写真になる。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717152514j:plain

生気を抜いた方が良いのかも、という仮説の上で上記の写真を撮影した。

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082512j:plain

ぬいぐるみだと可愛い。だが人間になると不思議と変になる。なお、私の腰の紙タグはMADE IN JAPANと書いてある。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717153332j:plain

Juriくんにもう一度やってもらった。

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082626j:plain

確かにぬい撮りっぽい写真ではあるが、人間はぬいぐるみの可愛さには絶対叶わないため、人間で代理をしたぬい撮り写真は全体的に残念で不思議な感じの写真になってしまうことが判明した。

 

その2 斜めの角度でぬいぐるみが入ってきている

f:id:kimuraryosukedayo:20170718000030j:plain

上の写真のように、斜めの角度でぬいぐるみがニョキッと出ているぬい撮りの写真を多数見かけたため、これもやってみた。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717154050j:plain

Juriくんは体を斜めにキープしてくれた。実際、このポーズで体を保って写真を撮るのはきついように思われた。ぬいぐるみだからこそ斜めの撮影の可愛さが実現するのである。

また、ぬいぐるみ2体の場合でも斜めの場合があるのを発見した。

f:id:kimuraryosukedayo:20170718000142j:plain

ぬいぐるみを2体束ねて持つ場合、足元を持つのでどうしても斜めになってしまうのが、斜めの理由だと思われる。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717154420j:plain

 私もやってみたが斜めでキープするのは相当きつい。右の女性は友人のJoshくんの婚約者である。快く撮影に参加してくれた。二人とも、隅田川の欄干を手で硬く掴み、足で突っ張って筋肉でキープして斜めを維持した。ぬいぐるみに近づくためなるべく生気をなくすようにも心がけたが顔が少し笑ってしまっている。

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082810j:plain

f:id:kimuraryosukedayo:20170721083033j:plain

人間の場合は、斜めにして写真を撮ることが、可愛さを助長させられないと言うことがわかった。余談だが、撮影の最中、マイケル・ジャクソンのスムース・クリミナルを連想した。

婚約者の女性は中国出身だったので、麻婆豆腐の話をしていたのだが、 Joshくんは、なぜそばかすのある婆が豆腐を美味く作れるのか完全に納得できなかったようだった。

 

その3 ぬいぐるみの足元が写っていない

f:id:kimuraryosukedayo:20170718000510j:plain

上の写真のように、ぬいぐるみ自体の足元が写っていないぬい撮り写真も多数みられた。人間が持って撮影しているため、指が映らないようにするためだと思われるが、これもやってみた。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717154756j:plain

足元は映らないで撮影できたが、ただの記念写真のようになってしまった。

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082739j:plain

左が友人のJoshくんである。今回結婚の段取りのために東京に来たとのことで、その大事な用事の合間を縫ってこのような私のふざけた企画に参加してくれて感謝の言葉もない。 顔も生気がない方がぬいぐるみぽかったように思うが、結婚ほやほやなので愛のエネルギーが満ち満ちていた。

2年前くらいの私の誕生日パーティで知り合って、そのあとちょくちょく東京に来る度に神田でカレーを食べたり上野で日本酒を飲んだりしたりして遊んでくれる気の良い友人である。この日もアイスをおごってくれた(相手の方がおめでたいのだから私が奢ればよかった)。

 

その4 海や湖や川などの水面の方を向かせて後ろから撮る 

f:id:kimuraryosukedayo:20170718000731j:plain

ぬいぐるみが物思いにふけっているような、そんな趣のあるぬい撮りを人間で表現できるか挑戦した。

f:id:kimuraryosukedayo:20170717155607j:plain

意味が良く分からない不思議すぎる変な人の写真になってしまった。ぬいぐるみの例に倣って手と足をピンと伸ばしてぬいぐるみを模したポーズにしているのが、不思議さを助長させているように思われる。

 

f:id:kimuraryosukedayo:20170717155707j:plain

Joshくんにもぬいぐるみポーズをやってもらい撮影していたところ、「これを撮影するのであればフォトショップで顔面をぬいぐるみ風にするか、東急ハンズでフルフェイスの顔の猫のカバーのようなものを買って来た方が良いのじゃないのか」と言われた。

 

暑い日に撮影を行なったのだが、汗をかいている=生命力を感じる=ぬいぐるみから遠ざかってしまっている と言うのがよくなかったのだろうか。

 

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082854j:plain

 

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082921j:plain

f:id:kimuraryosukedayo:20170721082953j:plain

 

結論・考察

ぬいぐるみと人間の間には超えられない壁があり、ぬい撮りを人間で再現するのは無理だということが判明した。

また、ぬい撮りで使えるような、ぬいぐるみを可愛く見せるテクニックを人間で行うと、不思議で変な写真になってしまうと言うこともわかった。

なので、純粋にぬいぐるみでぬい撮りをしたほうがよっぽど良い、と言う結論が導き出せた。

 

f:id:kimuraryosukedayo:20170717161122j:plain

ぬい撮りして暑くて汗をかいたのでそのあと皆で墨田区のお気に入りの銭湯に行った。すごくさっぱりした。